ENGLISH

SURGERY 口腔外科 We are here to listen and helpto solve your concern about your oral health.
Please feel to talk with us in English.

口内炎から口腔がん、
事故の外傷まで
柔軟に対応
ORAL SURGERY

口腔外科とは、虫歯・歯周病・予防歯科・入れ歯治療などの一般歯科以外の、お口の内外のケガや病気の外科処置を扱う歯科分野です。一般的に知られているのは、親知らずの抜歯口内のできものの切除術です。その他、顎骨炎骨髄炎軽度・難治性の口内炎顎関節症神経痛口内のがん(歯肉がん・舌がんなど)口腔心身症といった、非常に幅広い症例へ対応しています。

また、スポーツや事故でぶつかって歯が抜けた、唇が切れたなどの外傷にも対応しており、小さなお子様からご年配の方までご利用いただけます。当院は外傷歯労災指定病院であるため、通勤途中や仕事中に転んだりぶつかったりして歯が抜けた、唇が切れたなどの外傷にも対応可能です。ご希望の場合には、ご連絡時に労災保険での治療を希望であることをお伝えください。

口腔外科で扱われる
主な病気・治療

EXTRACTION (WISDOM TEETH) 親知らずなどの抜歯

当院では、真っ直ぐ正常に生えてきている歯はもちろん、顎骨の中に埋まっている親知らずの抜歯にも対応しています。抜歯においては、上の歯は短時間で抜けやすく、下の歯は抜けにくいのが特徴です。特に親知らずを含む大臼歯の抜歯は、歯の根が複雑な形状をしていて中々抜けないケースがあります。

当院では、術後の抜歯の合併症を可能な限りリスクを低くするために、症例に応じて歯科用CTによる精密検査を行っております。できる限り迅速かつ低侵襲な抜歯を行うことにより、処置後の痛みや腫れを抑えます。なお、歯の根が顎骨の中を通る主要な神経に近い場合、抜歯によって痺れが残る可能性があります。そういった難症例の場合は、診断後速やかに高度医療機関へご紹介をさせていただきます。
正常に生えてこられなかった親知らずだけでなく、真っ直ぐに生えてきた親知らずも、時に口腔トラブルのもとになります。抜歯をするべきかどうかは、患者様自身で判断することが難しいため、気になる方は一度歯科医師のチェックをお勧めします。親知らずは全てが抜歯を必要とするものではありません。
いつ、どのタイミングで親知らずを抜くべきか悩んでいる方も多いようですが、実は絶対に抜かなければならない歯ではありません。感覚異常などの合併症もありますので、ご相談下さい。レントゲン写真やCTを撮影し、適切なアドバイスをさせていただきます。

※症例によっては、時間と器具の準備の都合上、初診受診時にすぐに抜歯することは難しい場合がございます。お早めにご相談下さい。

APICECTOMY 歯根端切除術

歯根端切除術とは、根管治療を行っても根尖性歯周炎が治まらない場合に行う、治療の選択肢の一つです。炎症を起こしている歯の根の先を切除して、根尖ごと病変を摘出することで、根尖歯周炎を鎮静に導きます。

今までに根管治療後の痛みや腫れが治まらない時には、ほとんどのケースで抜歯をされていました。しかし、歯根端切除術により、抜歯までの期間を伸ばすことが可能になっています。また、歯根端切除術自体、従来は20%~60%の成功率でしたが、マイクロスコープによる精密な処置により、成功率が90%以上に引き上げられました。より歯の寿命を伸ばしたい場合には、MTAセメントを用いて歯根内を密閉し、セラミックなど天然歯との親和性の高い被せ物を装着するのがおススメです。

REIMPLANTATION 歯牙再植術

歯牙再植術とは、問題がある歯を一旦抜いてお口の外で処置をした後に、同じ場所へ植えなおすことで天然歯の延命を図る治療法です。これを意図的再植術といいます。例えば、歯の根の先に膿が溜まる「根尖病巣」が大きな場合、根管治療では治癒が難しくなります。そのような際に一旦抜歯をして、歯の根の先をわずかに切断する「歯根端切除術」を行い、歯を抜いた穴の中にある膿を取り除いて人工の骨材などを充填した上で、歯をもとの位置に戻します。

歯をもとに戻せるというとメリットは大きいのですが、実際には抜歯時に歯の周りにある歯根膜がはがれたり、歯が割れてしまったりして、再移植ができないケースは多々あります。その点を十分に理解して、入れ歯やインプラントになる前に一度チャレンジしていただければと思います。

ARTHROSIS 顎関節症

顎関節症は、日本人の2人に1人は経験すると言われているくらい、歯科口腔の中では発症率の高い病気です。お口を開きにくい、開け閉めの際に顎関節からカクカクと音がする、お口を開ける時に顎の関節や顎を動かす筋肉が痛むなどの症状が主に現れます。

治療法としては、噛み合わせの調節、あるいは頬杖などの日常的な悪癖の改善指導、歯ぎしり・食いしばりの治療、スプリント(マウスピース)療法など、症状の進行度によって様々に異なります。なお、お口が開きにくい程度であればと思って放置し続けていると、人によってはお口が開かなくなったり、顎が痛くて我慢できなくなったりと、生活に悪影響を及ぼし始めます。顎関節症の症状が1週間以上続いている場合には、歯科医院へ相談してみてください。

ORAL CANCER 口腔癌

舌・舌の下側・歯茎などお口の中にできるがんである「口腔がん」ですが、他のがんと同じように命を落とすリスクがあります。
しかし、早期に発見できれば大きな問題がないのも、他のがんと同様です。口内炎を始め、何か口腔内に異常を感じましたら、一度ご相談下さい。
診察後に医師が必要と判断した場合、口腔内の組織を一部採取し、顕微鏡で精査する組織学的検査も当院では行なっております。(検査の結果に2週間ほどかかります)

親知らずの抜歯について

親知らずとは、前から8番目に生えてくる第3臼歯と呼ばれる奥歯です。本来は他の奥歯と同様に「食べ物をすり潰す」役割があるものですが、柔らかい食べ物主体の食生活へ変化したことによって顎の骨が発達しにくくなり、親知らずが生えるスペースが足りない方が増えてきました。その結果、顎骨の中で横向きに生えていたり、親知らず自体が作られていなかったりと、複雑な口腔状態が目立つようになっています。

正常に生えてこられなかった親知らずだけでなく、真っ直ぐに生えてきた親知らずも、時に口腔トラブルのもとになります。抜歯をするべきかどうかは、患者様自身で判断することが難しいため、気になる方は一度歯科医師のチェックをお勧めします。

親知らずは全てが抜歯を
必要とするものではありません

いつ、どのタイミングで親知らずを抜くべきか悩んでいる方も多いようですが、実は絶対に抜かなければならない歯という訳ではないことをご存じでしょうか?下記のリストをチェックして、親知らずを抜くべきかどうかを確認してみてください。

抜く必要がある親知らず

  • 親知らずが原因で手前の奥歯が
    虫歯になっている
  • 手前の歯と奥歯の間が
    歯周病になっている
  • 横向きの親知らずが手前の歯を
    押している
  • 親知らずが炎症を起こして
    痛みや口臭を
    引き起こしている
  • 斜めに生えた親知らずの
    一部だけが出ている

抜かなくても良い親知らず

  • 親知らずが真っ直ぐに生えている
  • 患者様がしっかりと
    お口のケアをできている
  • 親知らずが骨の中に完全に
    埋まっている
  • 噛み合わせがずれる
    原因になっていない
  • 手前の歯に悪影響を与えていない

大学病院など
高度医療機関との密な連携

大規模な医療施設がなければ難しい、神経に近い歯の抜歯や顎骨骨折、口腔腫瘍などの難症例においては、慶應義塾大学病院、聖路加病院、日本歯科大学などの高度医療機関へのご紹介が可能です。ご紹介先で手術を受けた後の処置やケアに関しては、再び当院で対応させていただきます。専門医療機関とのスムーズな連携により、高度な歯科治療を低リスクで受けられるようにご紹介できるのが、当院の強みの一つです。どの医療機関へ行けば良いのか分からない症状も、まずは当院へご相談ください。

EXAMINATION 口腔がんの15分検診

歯科医院とがんはイコールでつながらないかもしれませんが、舌・舌の下側・歯茎などお口の中にできるがんということで、口腔外科で扱える範囲内です。日本ではまだまだ認知されていない口腔がんですが、他のがんと同じように命を落とすリスクがあります。

しかし、早期に発見できれば大きな問題がないのも、他のがんと同様です。当院では、皆さまがもっと気軽に歯科医院へ受診して、ガン予防に取り組んでいただきたいという思いから、口腔がんの15分検診を実施しています。

がんができるまでには、5年から10年かかるといわれています。1年に1回、口腔がん検診を受けておくことで、簡単な治療で済み、後遺症の心配もほぼありません。処置後5年の生存率も90%を超えるという報告もあります。特に症状はないけれどがんじゃないかが不安、舌や内頬を何回も噛んでしまうなど、ちょっと気になるくらいの段階からご相談ください。