ENGLISH

DACAY 虫歯治療 We are here to listen and helpto solve your concern about your oral health.
Please feel to talk with us in English.

大切な天然歯を
長く残すため、一緒に
話し合って治療プランを
立ててまいります
TOOTH-SAVING TREATMENT PLAN

歯科医療は日々進歩しているため、患者様が知らない治療法や治療素材が開発されている可能性は十分にあります。当院では患者様一人ひとりに適した治療を行うために、歯科の専門家としての立場から治療法をご提案いたします。

「注射が怖いので痛くなく治療をしてほしい」「神経を抜かない治療をしたい」など、まずはご相談ください。患者様のご希望を第一に考え、ご納得頂ける治療プランを立案させていただきます。

STEP 虫歯の進行と症状

  • 脱灰

    脱灰とは、歯の表面のエナメル質からカルシウムが失われて白く濁ったり、褐色に変色したりする、虫歯の最初期です。噛み合わせの溝や歯と歯の間などの磨き残しやすい部分にできやすいため、鏡で見ても気が付かないケースが多いようです。

  • エナメル質の虫歯

    虫歯菌が出す酸がエナメル質を溶かして歯に小さな穴が開き、食べかすが詰まったり穴のふちが欠けたりする状態です。まだ痛みが現れないため、麻酔なしで歯を削ることができます。

  • 象牙質の虫歯

    虫歯の浸食がエナメル質を超えて、内部の象牙質にまで達した段階です。象牙質は構造が荒く神経に近いことから刺激が伝わりやすく、冷たいものや熱いものがしみる感覚や、噛む際に痛みを覚えることがあります。ここからが麻酔が必要な治療になります。

  • 歯髄の炎症

    象牙質の内側にある神経と血管などの複合体である歯髄に虫歯が達すると、炎症が起こって激しい痛みを伴うようになります。また、虫歯によって歯が脆くなっているため、歯が欠けたり割れたりすることもあります。歯に穴が開き、黒く変色するため、この段階でようやく虫歯に気が付く患者様もいらっしゃいます。

  • 歯髄死(失活歯)

    神経が炎症によって完全に死んでしまった状態で、場合により根の先から周囲の骨に膿がたまることがあります。根管治療(根の治療)が必要になります。

  • 残根

    残根とは、虫歯によって歯肉の上に出ている歯が大きく溶けて、根だけが残ることです。ほぼ神経が死んで細菌感染が進み、さらには細菌が全身に回って悪影響を及ぼすこともあります。歯の根の先に膿が溜まって歯を支える歯槽骨を溶かすこともあり、ここまで来ると歯の保存が難しくなります。

代表的な虫歯の治療法

CR充填

CR充填とは、虫歯を削り取った穴にコンポジットレジンと呼ばれる歯科用樹脂を詰める、保険適用の治療法です。金属やセラミックと比べて強度は劣るものの、ある程度歯の機能させる耐久性があります。歯に直接詰めて、光を当てるとすぐに硬化するため、虫歯の即日治療が可能です。

型取りを必要とせず歯を削る量を抑えられるのも、大きなメリットです。なお、吸水性により変色したり、強い力で割れてしまったりする可能性があります。

インレー(詰め物)

奥歯(臼歯)などの小さな虫歯治療で行われる治療法です。虫歯部分をしっかりと削り、患部の歯型を採って作られたインレーを入れて接着することで、歯の機能性や見た目を再現します。インレーは保険診療と自由診療の両方から素材が選べます。

保険診療の場合には、一般的に銀歯と呼ばれる金属素材と硬質レジンが基本です。自由診療では、患者様のご要望と口腔状態に合わせて、白いセラミック・ジルコニア・E-max、ゴールド(金属)などの素材を選択できます。

クラウン(被せ物)

奥歯(臼歯)の全体にわたる虫歯や歯髄治療後の歯に対して行う治療で、歯を大きく削った際に行う治療法です。歯茎から上に出ている部分を覆うように、型を取って作り出したクラウン(人工の歯)を被せて接着することで、噛み合わせを再現します。

インレーと同様に保険診療と自由診療から素材の選択が可能です。保険診療は銀歯と硬質レジンが基本となり、自由診療はオールセラミック・ジルコニア・E-max、ゴールド・メタルクラウンなどから選べます。

TREATMENT 痛みの少ない治療

  1. 表面麻酔

    歯肉の表面に施すことで、麻酔注射の針を打つ痛みの軽減を目的としているのが「表面麻酔」です。注射針を打つポイントにジェル状の麻酔薬を塗ってしばらく時間を置くと、歯肉の感覚が麻痺して痛みが感じにくくなります。

    歯科治療の中で麻酔注射を打つ瞬間が一番痛いという方も、少なくありません。そのような方への配慮として、事前の表面麻酔は欠かせないものとなっています。なお、表面麻酔を塗った部分を舐めてしまうと、舌が痺れてしまいますのでご注意ください。

  2. 電動麻酔器

    電動麻酔器とは、麻酔液の注入圧をコンピュータが制御する注射器の一種です。細い針を用いて注射をすると、手動の場合はより力が必要なために手が震えてしまいがちです。そのような場合でも、注射のスピードを一定に保つことができるため、手振れや急な注入による痛みを与えるリスクを抑えられます。

  3. 極細針

    麻酔注射の針が入るチクッとする痛みが苦手という方のために、当院では刺激の少ない極細針を導入しています。注射の針は太いと痛みが強くなり、細いと刺激を感じにくくなるのは、イメージをしていただきやすいと思います。そういったちょっとした配慮で痛みを抑えられるのであれば、これほど良いことはありません。

    歯科治療を苦手としている方に、少しでも気軽に受診していただくためにも、治療器具選びにはこだわりを持って取り組んでいます。

MTA CEMENT 歯髄(神経)温存療法

神経が生きている歯は
神経を生かしたまま
治療する!

今までは虫歯が大きく、痛みがあると抜髄といって歯の神経(歯髄)を抜く治療がさかんに行われていましたが、当院ではMTAセメントという材料を使用することにより、神経を抜くことなく、神経を生かしたまま治療することが可能になりました。

DIAGNODENT 齲蝕予防レーザー診断
(DIAGNOdent)

虫歯に感染した歯は脆くなることから、昔の歯医者は手先の感覚で判断しながら、虫歯の除去を行ってきました。しかし、感染部分を取り残してしまうと、詰め物や被せ物の下で虫歯が再発してしまいます。そこで開発されたのが、DIAGNOdent(ダイアグノデント)と呼ばれる機器を用いた、齲蝕予防レーザー診断です。

ダイアグノデントはペン型の機器で、レーザーを照射した反射を測定することで虫歯を検出いたします。肉眼やレントゲンでは見つけられない虫歯も、数値で判断することが可能です。虫歯菌に感染した組織だけを取り除くことができるため、健康な歯を多く残し、歯の寿命を伸ばすことにつながると考えています。

マイクロスコープ治療

マイクロスコープ
(手術用顕微鏡)とは

光学的、電子的な技術を用いることによって、微小な物体を視覚的に拡大し、肉眼で見える大きさにする装置です。

MICROSCOPE マイクロスコープ治療

明るく、拡大された視覚状況を作ることで、いままでは発見できなかった微細な虫歯や詰物の適合不良状態、そして暗くミクロな世界の根管内を肉眼で確認することが可能となり、歯科医師の勘や手指感覚に頼って治療していたところが治療部位を目視しながら予知性の高い治療が行えるようになりました。

マイクロスコープを用いた
精密な根管治療

当院ではマイクロスコープの導入により根管内を鮮明に映し出し、視覚的根拠のある根管治療が行えるようになりました。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とは、視野を肉眼の数十倍にまで拡大できる治療機器です。

歯髄を抜いた後の穴である「根管」は肉眼で見えないほど細かく暗く、内部は枝分かれしています。根管治療では根管内の汚れや汚染された組織を徹底的に除去する必要がありますが、今までは歯科医師の経験と勘を頼りに処置が行われていたため、再発リスクが高い治療でした。


根管治療が必要な歯は大きなダメージを受けており、被せ物の下で虫歯が再発したり、歯の根の先に膿の塊ができたりと、様々なトラブルの原因になります。当院ではマイクロスコープを使った精密な根管治療による、汚染された組織取り残しの低減に努めています。